コンプライアンス基本方針

制定 2021.7.20

株式会社タスク コンプライアンス基本方針

株式会社タスクは、1974年の創業以来、「最高品質の医療用機器を提供して国際的に貢献しよう」という経営理念のもと、各国の医療現場の動向に対応し、必要な製品を安定して供給してまいりました。

当社はこれからも、この経営理念のもと、役員及び社員全員がコンプライアンスを徹底し、地域社会に根差した企業として継続的に企業活動を行うため、次のとおりコンプライアンス基本方針を制定いたしました。

  1. 使命
    社会的責任と公共的使命を強く認識し、関係法令、社会規範及び社内諸規則を遵守し、経営理念に基づき行動します。
  2. 利益相反の防止
    利益とコンプライアンスが相反する場合は、迷わずコンプライアンスを選択します。
  3. 公平・公正な競争
    優越的地位を利用した取引は決して行わず、同業他社とは自由で健全な競争を行うことで、社会経済の健全な発展に貢献します。
  4. 知的財産の保護
    保有する知的財産を積極的に活用し、その権利の保全に努めます。また、他者が保有する知的財産権を尊重し、許可なく使用しません。
  5. 情報の保護
    事業活動で知り得た社内外の機密情報や個人情報は業務上の目的のみに使用し、関連法令及び社内規程に基づき、厳重に管理します。
  6. 地域社会との関係
    違法行為や反社会的行為を一切行わず、地域社会に根差した企業として良識ある行動に努めます。
  7. 反社会的勢力に対する姿勢
    反社会的勢力に対して毅然とした態度を取り、一切の関係を持ちません。
  8. 人権の尊重
    性別、国籍、信条、宗教等による差別を決して行わず、社員一人ひとりの個性と多様性を尊重します。
  9. 快適な職場環境の形成
    労働関係法令を遵守し、ハラスメントの発生を防止し、安全で快適な職場環境を維持します。
  10. 教育
    役員及び社員全員によるコンプライアンス体制を確立し、教育を含めたコンプライアンス活動を推進します。

代表取締役社長 川嶋 健

ページの先頭に戻る